ヨセミテ国立公園、セコイア&キングスキャニオン国立公園のドライブ事情 2

前のドライブ事情で書き忘れていたことがあるので追加しておきます。

セコイアの南ゲート入口たしか1時間?ぐらい前で”Turn on Head Light”という日中でもヘッドライトをつけないといけない場所がありました。ちょうどその辺は追い越し車線も途中にでてきたりします。慣れない運転中に後ろの車にあおられてるなと思ったら追い越し車線では右に寄りましょう。後ろの車が150kmぐらいでぶっとばしていくと思います。逆に真ん中の線が二重線の時や”DO NOT PASS”や”NO PASSING ZONE ”の看板がある時は絶対に追い越し禁止です。前の車が遅くても抜かすべきではない。国立公園周辺では車の事故がとても多いことを頭に入れておいてください!1車線で前の車を抜かそうとして反対車線(対向車線)を走って抜かそうとしている最中に、前から(対向車線から)こっちに向かって走ってくる車との正面衝突の事故に気を付けてください。対向車線の車もぶっとばしているかもしれないです。ちなみに私は追い越し車線がないところで後ろの車にあおられてるなと思ったら車が止まれそうなスペースを見つけたら指示器を右にして(車は右車線だから道脇の方に指示器を出して)そのスペースに止まって後ろの車を先に行かせます。後ろに車がいると私は急がされているように感じて無意識に焦ってしまうんですよね。特にくねくねの山道は1番前の先頭はほんとに疲れる。人の車についていくのはまーなんと楽で気楽なもんです。

ヨセミテもセコイア、キングスも私が実際運転して思ったことは、日中の光と木の陰が混ざって運転しにくいと思いました。日中はまぶしいからサングラスをしているけど園内外も道路脇に大きな木が生えている時その木の陰に入ると今度はサングラスは暗すぎて見えない。かけたり外したりしながら(時にケミストリーのどうちんの相方風に)運転してましたw あとアメリカの運転に慣れている人は日本みたいな対向車線がすぐ横の反対車線というのに慣れていないと思います。私もそうで特に大きいキャンピングカーが対向車の時は当たるんちゃうんかと感じました。その度に真ん中の線を見て対向車は線出てない。だから大丈夫や。と確認してましたw 見知らぬ土地の慣れない道の運転は結構疲れます。特に夜間走行は街灯が少ないので非常に疲れます。できるだけしない方がいいです。もし何かと衝突した時、車に何かあった時、電波も無いところで車もあまり走っていない、しかもまわりは真っ暗…怖すぎます。特に園外に泊まるのにどこかのポイントで夕日を見た時は特に気をつけて運転して下さい。皆さん、安全運転をして下さいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です