アメリカのクリスマス ライト Xmas light

長いサンクスギビング週末が終わると家への帰り道。気づけばクリスマスライトがつき始めたことに気づきます。ポツリ、ポツリ、、あっちもこっちも。あの家、去年と一緒のライトやなwとか。町がキラキラ輝き始めます^^ 日本でここまでのクリスマスライトを見た事がないので毎年楽しみです!日本と違うなーと思うのはクリスマスツリーを見せるように置くところ。カーテンを閉めず、外からクリスマスツリーが見えるように置きます。それがなんかきれいなんよね~日本の実家にいる時に子どもの時何回か飾ってくれた貰い物のツリーはひときは小さかったですがwアメリカのツリーはまあ、でかい!!大人の私より大きい高さのツリーで、本物のモミの木を使う家も多いです。

スポンサーリンク


サンクスギビングが過ぎるとその辺の空地みたいな所で本物のモミの木のクリスマスツリーが売り出しているので、買ったら車の上に木を縛り付けて家に運んで行きます。それを見るともうすぐクリスマスかーと思い出させてくれます。日本ではクリスマスプレゼントはクリスマスの夜にサンタさんが枕元に置いてくれますがアメリカはもっと前からちゃんと包装されたプレゼントがクリスマスツリーの下に置かれています。ルームメイトがこれはHitsujiちゃんのプレゼントだけどクリスマスまでは開けちゃだめだよっと言われてました。大丈夫!例え自分の名前が書いていても日本人は勝手に開けないカラw 私のルームメイトはクリスマス近くなるとタオルやお皿、家の小物等、クリスマス柄の物にチェンジします。いつも素敵だなーと感心します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です