谷底ハイキング登り、グランドキャニオンで最も死者を出す難所 通過

IMG_0144では!帰ります!! ビーチを出て、トイレに行って谷底出発‼ここからが本番。谷底ハイキングは帰りの登りがきつい。

まずはシルバーブリッジを渡ってブライトエンジェルトレイル (Bright Angel Trail) で帰ります。9:30AM出発

IMG_0150下に川が見える。これはきっとミュールは歩けない?と思う

IMG_0159橋からこんなコロラド川が見える!

IMG_0156振り返って…また写真w

絶対また戻ってくるぞ!

IMG_0163階段じゃないから歩きやすい!川沿いを楽々ハイキング!

IMG_0165午前中は日陰になる所もある(登りの場合)

IMG_0186あ!またラフティングの人達発見‼さっきの人達かな?

IMG_7405谷底をすいすい進んでいきます!ばいばーい!

IMG_0185川沿いで歩きやすくて楽しいハイキングではあるけどなかなか距離があります。写真で立ち止まったりしてたけどここまで1時間半かかった。

これは多分、トイレ

IMG_0194見過ごしやすいけど、この看板らへんで小川を渡ると屋根のついた休憩ポイントがあります。

IMG_019510:50AM Pine Creek Rest House到着

緊急電話もある

IMG_0205こんなのあった

IMG_0202ハイカー達の人数、どこからきたか、コメントが書いてあります

そうなの、1人旅の人いっぱいいるのよー多分男だけど

ヨーロッパからきている人もちらほら

IMG_0204本気キャンパーは荷物がすごい

IMG_0208さっきの屋根付きの休憩場所から30分ぐらい歩くと…

とうとう でたよ、

デビルスコークスクリュー (Devils Corkscrew)

ここがグランドキャニオンで最も死者を出すと言われているポイントです。

4月5月中旬で健全な足なら全く問題ない。お昼の12時頃に通過したけど涼しい気候だから大丈夫(←もちろん行く前に温度と天気は確認して!)。この時期はこのぐらいの時間でもたくさんの人がハイキングしているから安心!

ただジグザグ上り坂の階段を永遠に登り続ける。もちろん日陰なし。なかなかのスイッチバックでしんどいw

これは真夏の灼熱地獄でここを登るのは本当に命にかかわります!自分の体力を過信してグランドキャニオンのハイキング中に毎年亡くなっている人がいるという事をしっかり理解してないといけない。

できるだけ早くファントムランチを出発して、休憩を1回入れるならできるだけ手短に、暑くなる前の早朝にここを通過するべし。きついなら(ってゆーか、絶対きついから)無理せず、水分補給を忘れずに!!!

疲れた足にこの上り坂の階段がほんときつい!

IMG_7419登り切った所から見たデビルスコークスクリュー

分かるかな?日陰なしの上り坂をずっと登ってく。真夏は50度ほどの灼熱地獄に変わる。覚悟して登って下さい

IMG_7420またミュールに遭遇

IMG_7417IMG_0219登り切ったら気づくと緑がどんどん増えていく。

IMG_7423それがまた登り切ってから次の休憩ポイントまでまた長いんだわwこんな特に何もない道を1時間ほど歩く。靴擦れが痛い

IMG_0214

こんな所をぐるーと回るように歩いたり

IMG_7432そしたらやっと到着!!インディアンガーデン!緑たくさんあふれています!木陰で休憩しよう!1:45PM、お腹空いたー ランチ食べよう!

みんな寝てたりご飯食べたり、見える?奥の方、本読んでる人までいますw

IMG_7436

日本ブログ村ランキングに参加しています。

↓↓ ポチっと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です