この絶景に涙する!超おススメのブライスで見る神秘的な朝日、旅行最終日

ブライスキャニオンへ行く機会があれば絶対に朝日か夕日を見てほしい!真っ赤に染まっていく岩々は息を飲む美しさ

グランドサークルの旅の中でもブライスキャニオンで見る朝日は特に有名で、これを見ないとここに来たとは言えない 

”この絶景に涙する”

ブライスキャニオンについてどっかの記事に書いてありました

まぁ…あたしは泣いてないけどw

涙が溢れてきてしまった、と いうに値するぐらいの絶景であることには違いない

Bryce Canyon National Park (ブライスキャニオン国立公園)

今日は旅行4日目の最終日

かなーーり忙しいスケジュールです 汗

ブライスキャニオンで朝日見て、昼ぐらいまで観光してからザイオンに移動。ナローズ ハイキングを小走りに歩き、しかもその後1人で運転してロスまで帰ります。きっと家に着くのは真夜中…

まずは朝日

朝日を見るために早起きしました

5時AMに起床して5:45AMにホテル出発

Panguitchという町から30分ぐらいでブライスに着きます

ゲートからすぐ近く、サンセット ポイントで朝日を見ます

サンセット(Sunset)=夕日ですがここでも朝日が見れます

前来た時、サンライズ ポイントで朝日を見たので今回は違う所で見たかった

駐車場に着いたのが6:15AM。駐車場から展望台まではすぐそば。歩いて10分もかからないのでお年寄りでも大丈夫。

ホテルを出るのが遅れたから朝日は見逃したかもー( ;∀;)

とりあえず行ってみたら、曇っていてまだ出ていなかったw

ラッキ~でした^^

ブライスキャニオンの朝日といえばサンライズ ポイントの方が有名で、そちらは早朝から結構観光客がいます

それでもサンセット ポイントにも6月後半で10?15?人ぐらいの観光客がぽつぽつ いました

朝日が雲から出てくると、一気に景色が変わりだします

目の前に広がる景色は、ブライス人気No1のハイキングコース、Navajo Loop Trail (ナバホループ トレイル)

曇っていればこんな景色が(↓下にハイキングしてる人が小さく見える)、

朝日によって色づいていく

暗闇から息を吹き返していくように神秘的ってゆうか、、

自然の芸術だけど命があるように見えるってゆうか、、

うまくゆえんけどw

後ろを見ると、ハイキングコースのウォール街の方

こっちもすごい迫力なんよー

ブライスキャニオンは今回3回目ですが、大好きな国立公園の内の1つです^^

ここからブライスについて説明します!行かれる時は参考にして下さい。

*ブライスキャニオンは国立公園だけど世界遺産では ない。ユタ州南部(かなりアリゾナ州に近い)にあって、ラスベガスから車で4時間半ぐらい。ザイオンには1時間半ぐらいで行けます。

*暑いユタ州南部にありながら標高が高いのでブライスに近づいていくと夏でもどんどん涼しくなっていきます。夏でも朝日や夕日を見に行くときに吹き抜ける風がきつくて寒く感じる時があるので上着を持って行ってください。帽子がしょっちゅう吹き飛ばされてるのでご注意を。

冬は雪が降りますが1年中観光できる所です。去年の年末に妹と行きましたが道は少し雪が積もってたけど滑らないように何かまいてありました。安全運転で走れば問題ないし、結構観光客もいました。ただBryce Pointは通行止めで行けなかった。夏より冬のブライスキャニオンの方が好きだという人がいますが、私個人の意見としては ”んー…やっぱ夏の方が綺麗やな” と思いました。

あと、ブライスは空気が澄んでいるので夜空が綺麗と言われています。

公園内の道は舗装されているので普通車でも大丈夫。細長くて小さい国立公園です。見どころはゲートのすぐ近くに固まっているので観光しやすい。

*1番の見どころは、”Inspiration Point”、”Sunset Point”、”Bryce Point”、”Sunrise Point”の4つ。この4つがゲートから全部近い。私の好きな順番に書きましたが、1,2,3個目はどれもほとんど同じぐらいおススメです。全部行けなくてもできれば2か所は見てほしいな~。

この4つは駐車場から展望台まで近いのでお年寄りでも大丈夫だと思う。一応だいたいは柵があるけど、無い所もあるので小さいお子さんを連れて行くときは絶対に手を繋いでおいた方がいいと思う。常に子どもから目を離さないように‼

*上の地図を見ると分かるんだけど赤と緑の2種類のシャトルバスが5月から9月の間だけ(←日にちの詳細はWebsiteかVisitor Centerで確認して下さい)走っているようです。バスはこんな感じのバス

今回の旅、2017年6月22日(木) お昼12時でBryce Pointのバス停にこれぐらいの人が次のシャトルバス(赤ラインのバス)を待っていました

*ブライスのハイキングはすごくおススメです‼展望台は上から景色を見下ろす感じですが、ハイキングコースではその見下ろしていた下に歩いて行ける。その時の景色がまぁーそりゃ すごいんだわ~ただ急な坂なのでお年寄りはムリかな。柵が無いので小さいお子さんも行かない方がいいと思う。

地球の歩き方によると、ブライスの中で人気No1のハイキングコースは Navajo Loop Trail (ナバホループ トレイル)。サンセット ポイントから始まり、ぐるっと一周するコースでサンセット ポイントに戻ってきます。歩くだけなら1,2時間程度ですが絶対写真を撮るためにしょっちゅう立ち止まるので時間は余裕を見た方がいい。私はThor’s Hammer (雷神のハンマー)の方からスタートし、Wall Street (ウォール街)で終わる時計回りで進みましたがどっち向きで歩いても大丈夫。

私は朝日を見てそのままハイキングに行くのをすすめます。ブライスのハイキングは人気なので沢山観光客がいるけど朝日の後、そのまま行くと早朝なので人がまだ少なくて写真にそこまで人が映らない。

*ブライスキャニオンのハイキングコースについての看板がありました↓

これによるとQueen’s/ Navajo Combination Loopが1番人気と書いています。ただ注意してほしい事が1つ!Navajo Loop Trailは サンセットポイントで始まり、同じ所に戻ってきます。

だけど、Queen’s/ Navajo Combination Loopはスタート地点と終わりの地点が違います。Sunset PointとSunrise Point。だから車を駐車場に止めている場合は、終わってから移動しないといけない。ハイキングする場合は、この下の↓地図をよく見て下さい

地図を拡大して見ると分かるように、どこからスタートしても引き返したり、ぐるっと回れば スタート地点に戻ってこれます。止めた駐車場に戻ってきたい時は、自分が使うハイキングコースの名前をちゃんと覚えておいておいてください(私は忘れないように写真を撮る)。そうじゃないとハイキング中、途中で ”このコースはこっち” と矢印の看板が出てくるから。間違えていつの間にかどっか違うハイキングコースをいつの間にか歩いてたという事のないように!

*最後に朝日と夕日について。朝日で人気なのがSunrise PointとSunset Point。上の園内の地図を見てもらえれば分かるかもしれないですが、私が紹介した4つのポイントの展望台はだいだい東向きになっている。だからSunset Pointでもしっかり目の前に朝日が登ります。

夕日はInspiration PointやSunset Pointが人気ですが、両方東向きの展望台です。だから目の前に太陽が沈んでいくというより左手に太陽が沈んでいくのが見えて、目の前の岩々の色が変わっていくのを見る感じです。去年、Inspiraton Pointで夕日を見ました。夕日で染まっていく岩々、どんどん夜に変わっていく様子はホントに神秘的だと感じました。

.˖°˖☆˖°˖.日本ブログ村、ブログ ランキングに参加しています.˖°˖☆˖°

↓↓ ポチっと応援よろしくお願いします!(/ ^ω^)/.˖°˖.˖°♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

☆ レンタカー会社の比較なら↓こちらがおススメ‼^^ ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です