ブライスで夕日を見た後、ホテルが見つからず雪にスタックした旅行2日目

サンフランシスコからユタ州へ。国立公園巡りの始まり。旅行2日目にしてトラブル発生 汗 ブライスの夕日の帰り道、雪にスタックした夜… ( ;∀;)

 2016年12月28日 旅行2日目

サンフランシスコを朝6:40AMの便だったので、5時AMに空港に着くようにしようとなった。ほんじゃ、30分ごとのホテルからのシャトルバスは4:30AMのに乗ろうと決めて、ってゆう事は、、、

今日は朝3:30AM起き…

はえーつーの (゚Д゚;)

でも絶対に飛行機乗り遅れたくなかったんでね。頑張りました。空港のゲートの前で寝て、飛行機も爆睡。寝ては起こされ、寝ては起こされ…

9:30AMにソルトレイクシティ国際空港に着き (サンフランとユタ州は1時間の時差)、10:30AMの予約でレンタカーをEZ Rent a carという所で借りました。

EZ Rent a carはOff Airport Rent a Carです。空港から 5分ぐらい無料のシャトルバスに乗ってオフィスに行きます。空港の中にあるレンタカーより少しめんどくさいですが、値段は安くなるのでおススメ。詳細はこちらの記事で。

レンタカー会社から最初に向かったのは食材を調達しにWallmartへ。買ったのは 水と食パン、ハム、チーズ、セラミ、マスタードにバターとか。移動時間が長いので車でサンドイッチを作って毎朝食べます。貧乏旅行なんでね 汗

私達が行ったWallmartはここ

空港から15、20分ぐらいでした。この近くにターゲットもありました。

日系マーケットに行きたいという人はこの近くにJapan Sage Marketという所もあります。お弁当とかありました。お酒は置いていないのと休みの日もあるので注意。国立公園に行くまでに多分最後にゲットできる日本食がここです。詳細はこちら

Wallmartで妹に食材を選んでもらってる間に私は天気の都合で行くルートを変えることにしたから今晩のホテルをキャンセルして新しい所を当日に予約しました。(→これがのちに大変なことに…)

買い物を済ませてWallmartを出たのが1時PM。

1:00PM フリーウェイ15、South (2,3車線)

4:00PM 20 (ここ↓からはずっと1車線です)

4:30PM 89、South

4:50PM 12

ブライスに向かう途中このトンネルを2回くぐる

↑結構みんなここで車を降りて写真を撮っていますが、私達は夕日を見るのに時間が無かったので、止まらず。。

ブライスには5:10PM頃に到着

ソルトレイクシティからブライスまで渋滞もなく、4時間10分で着きました

ブライスの見どころは ”Inspiration Point”、”Sunset Point”、”Bryce Point”、”Sunrise Point”の4つ。4つともブライスの入口ゲート近くに集まっています。

今回私達が夕日を見に来たのは ”Inspiration Point”

夕日にはギリギリ間に合いました。

個人的に思うのはブライスって綺麗な夕日の写真を撮るのが難しいと思う。なぜかというと、ビューポイントで自分たちが見ている方角の先に夕日が沈まない

1番有名なこの4つのポイントは全部 東向きだから太陽が沈むところは見えない。夕日に色ずくキャニオンを見る感じになります。(だから逆に朝日は日が登る所がちゃんと見えてすごく綺麗です。朝日を見た時のブログはこちら

雪が結構積もっていました。

写真の真ん中が妹。右手がビューで左手は夕日だった

正直者で思ったことしか言わない (好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。お世辞とか言わない)妹はあまり感動している様子がなく、

うん、綺麗やなぁ。

と一応いっていましたw

その時の天気にもよりますが、できれば夕日より朝日の方がおススメだと思う。

せっかくなのでもう1つのポイント、Sunset Pointへ。車で5分もかからずいけるので。

ここもさっきとまぁ、似たような景色でしたw

↑Navajo Loopのハイキングコースの看板の前で。行けたらいいなと思ってたけど、雪が積もっててとても行けそうにない。。

ウォール街の方

夕日を見終え、今日急遽取ったホテルへ

天気の都合で行くルートを変えました。hotels.comに直接電話して今晩のホテルをキャンセルしてそのままブライスの近くのホテルを取ってもらいました。

年末だから当日の予約なので近い所は取れず、ホテルはザイオンとブライスの間らへんにあって小一時間で着ける所。

Google Mapで場所を見て

”あ~あの辺か。Cedar Breaks National Monumentに行く時の14沿いか。あそこ鹿がめっちゃ多いからひかないようにしんとな~(実際、この道が今までで1番鹿がひかれていたので)”

とか考えながらホテルへ向かった

携帯のGoogle Mapを見ながら、道もすいてたし好調に進んでたんやけどその14で曲がる辺りで車道にも雪が残り始め、、、回りに車は1台も走っていない。。。もう日も沈み真っ暗。。。街灯なんてないし。

そこからGoogle Mapはゆう

左へ曲がれと

だけど

この先に家あんの?と聞きたくなるぐらい、その先 何もないねんけど?

見渡す限り林しかありません。Google Mapに”ホンマか?”と聞きたいぐらい。

真っ暗で車道に積もる雪は深くなってきた

もう結構 近くまできてるねんけど、、

妹に”この車もちろんスタットレスやんな?”と聞かれ、とっさに”うん”とゆったけど、ぶっちゃけそんなん知らない。一般道路のみ走る予定でしたので。

携帯を片手に不安を抱えながら妹と運転した

曲がってすぐ ここかな?と思った所は名前が同じやけどレストランでホテルではない

しかも店内の電気も消えてたし。。

そこを過ぎると、明らかに誰かの家というか、別荘的なロッジが左右に出てきた。

そしてGPSにゆわれて着いた所は、、、なぜか林。。。

なぜかホテルがないんです。。

たまーにGoogle Mapに正しい住所入れても ちょっと違う場所にたどり着く経験は誰だって何回かありますよね?

それが今そうなんです。

こんな真っ暗な雪景色の林の真ん中で。。

ここかな?あっちかな?実はこの裏かな?とグルグル回り…

しまいには明かりがついていたロッジの人の家の敷地内に入り、(場所を聞くために)

敷地内に誰か来たと出てきた白人家族に場所を聞き、(←**これもホントはアメリカでは危ないのですべきではない)

だけどそのゆわれた道を今さっき通ってきたのに。

”なんでやろ、なかったやんなぁ?”と妹と話しながらまたその辺を車でウロウロ

誰かにホテルの場所を聞きたくても誰もいないんです。車も通らないし。最後に見た電気のついてるガソスタは40分ぐらい前…

45度ぐらいかなぁ?それぐらいの緩やかな坂道を下り、

ここは違うなとさっきの道に戻ろうとしたら、、、、

タイヤが空回りして戻れない。。。。

どうしよ!坂上がれへん!前のタイヤが空回りして進まへんねんΣ(゚Д゚)

外はマイナスの温度の中、慌てて妹は上着も着ず後ろから押す羽目に 汗

でも車は動かない

このホテルを探してる途中、ホテルのフロントに電話して場所を聞こうと思ったらフロントの営業時間が8時AMから7時PMまでで時間がもう過ぎていて電話でホテルの人と話せない

ってか、フロントが7時PMまでってどんだけ早いねんw

林の中に別荘のようなロッジがポツリポツリある道の坂道で街灯もなく真っ暗な雪景色の中、妹と2人で動かないレンタカーの中で、、

まじ、焦ったわ~(;゚Д゚)

誰か助けて~って誰もいないし車も走ってないので

そうや、AAAに電話!AAAのカードを持ってきてた!

不幸中の幸いで携帯の電波がありました。(これなかったらどうしてたんやろ…)

かけた番号はカリフォルニアのAAAの番号らしくユタ州の番号を教えてもらい、Google Mapで今私がいる現在の位置をゆって坂道を上がれません 汗

と救助のコール ( ;∀;)

雪に埋まってる訳じゃないので、ただ上り坂を登れないだけなのでそれを説明するためにその時にその人の携帯に写真を送ったのが これ

一応坂道なんです

地元はこんな雪降る所じゃないし雪道の運転なんてしらんがな~

AAAではカバーしないから特別なトラックで行くから1時間$196で高くなるけど大丈夫?と聞かれ、高すぎてぶっ飛びそうでしたが、自分たちで坂道が上がれないので救助を求めることに 涙

40分ほど待ち、前から”おおーーい!”と半袖で手を振りながら若者が2人、助けに来てくれました。

(若者の車がやっと来た時、助手席の妹を見ると目をつぶって寝ていたってゆう。どんだけー)

私の英語がちゃんと伝わっていなかったので、それはそれはたいそうなトラックと共に参上され、

ただ坂道を上がれない私達に あーそゆことって感じで

”君たちこの坂上がれないの?ちょっと運転していい?”と聞かれ

僕ユタ州で育ったから雪の運転には慣れてるんだーと言って助走をつけ運転してもらいざざざーと一気に坂道を上がり、5分で解決

ただホテル探してるんだけど見つけられないってことで一緒に探してもらう事に。その探している間もその高額なお金のチャージになるけどホテル見つけられないんでしゃーないってことで。みんなでググってやっとホテルに到着

しっかり通り過ぎてました。

暗くて看板が全部見えなかったw

若者2人の1時間半のロードサービスの請求は

実に$294なり~

たっかーーと失神しそうでしたが、ホテルなしでは凍えてしまうので 涙

しょうがないよね(*_*)

と思う事にします

翌朝明るい時に撮ったオフィスの正面の写真

”Pinewoods Restaurant” レストランと書いてあるから通り過ぎたけどその下にロッジ オフィスとちゃんと書いてありました

暗くて見えなかったんだもんーー

ロードサービスの若者達と見つけたこのオフィス

室内は真っ暗ですが、一応この正面ドアを開けると開いていて、、

2重ドアなのでその奥のドアはオフィスの営業時間外なので鍵がかかってしまっている

右手にLate check in 用の棚が。私の名前が書いた封筒があって、その中に手紙 (レストランの営業時間やWifiのパスワード等)と私のロッジの行き方の地図と部屋の鍵が入ってました。

左手にはなぜかピアノが。

”弾かないでください”って書いてあるけど、

じゃ、何で置いてるんw

とつっこみながら鍵を握りしめフロントを出ました。

このフロントのすぐ裏にロッジがありました

翌朝ロッジの外観を撮った写真↓です。部屋の中は撮るの忘れたけど小さめの部屋でした

今日は早朝3時半起きで、しかも妹なんて昨日アメリカに着いたばかり。。

外はマイナスの極寒でホテルが見つからず、雪でスタック…

今になると最高の笑い話なんやけど

ほーーんま今日はまーーじ疲れたわ~

ホテルに着いてからぐったり疲れ切ったうちらは、

明日何時に起きる?とどっち先お風呂入る?

以外何も言葉を交わさず、そそくさと床につきました

翌朝、ホテルのチェックアウトで鍵を返しにレストラン兼ホテル カウンターに行った時の写真を撮りました

中はロッジ風の木の温かみがある感じ?外が寒いんで余計そう感じるw

アメリカはクリスマスを過ぎても元旦ぐらいまでツリーが飾ってあります

冬のユタ州 (やそれ以外でも雪が降るような所)の国立公園に行く時のレンタカーはケチらずジープぐらいを借りておくべき

予定変更したり、何が起こるか分からない

と学んだw

.˖°˖☆˖°˖.日本ブログ村、ランキングに参加中↓↓ ポチっと応援よろしくお願いします!(/ ^ω^)/.˖°˖.˖°♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

 

 

♡♥♡良かったら、こちらもどうぞ!!♡♥ More Stories from Blogger☆☆


☆ レンタカー会社の比較なら↓こちらがおススメ‼^^ ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です