コロラド川を下りホースシューベントを通るラフティング!数々のロケ地になった全米2番目の人口湖とダム☆

CIMG2562ゴムボートに乗ってコロラド川を下る半日ラフトツアーに参加。ダムから出発して、アリゾナ州の壮大な景色を見ながらホースシューベントを下から見上げる事が出来ます!

全米2番目に大きい人口の湖レイク パウエルと迫力満点のダムも紹介。

2016年8月30日旅行3日目、最終日

私が今回参加したのはColorado river discoveryという半日のツアーです。このツアーは調べた所、今はもうやっていないそうです。。2016年 半日ラフト ツアー代は$92でした。

Wilderness River Adventuresという別の会社は同じコースのツアーを今でもやっているようです。詳細はこちら

この会社は他にもモアブ(アーチーズやキャニオンランズの方)発のツアーやグランドキャニオンのラフティングツアーもあります。グランドキャニオン谷底のファントムランチに泊まってハイキングした時にラフティングのツアーに遭遇した時の記事はこちら

私が今回参加したツアーは半日ツアー

7:30AMにチェックインだけど30分前の7時に着くように!という事で、集合場所はペイジにあったThe Rivers End cafeへ。

CIMG2611

カナブ(Kanab)という町はユタ州にあり、ペイジ(Page)という町はアリゾナ州にあります。サマータイムは1時間の時差があるので要注意!

フリーウェイ89を使ったら渋滞なしなら1時間15分ぐらいで着きます。1本道なので事故や渋滞ができると全く動かなくなります。

EF45DB43-5F34-4B0F-AC1A-238D4617C49F駐車場にレンタカーを止めて、ギリギリ10分前に到着。ダッシュで準備しました。

CIMG2610外のベンチでチェックインをして待ちます

IMG_4131ツアーの最初に説明がありました。

ダム周辺等、テロを警戒するための注意。感覚的に空港の税関を通る時ぐらい気をつけています。

水分補給を忘れないようにと特に注意していました。あと、絶対日焼け対策を忘れないように!半日のツアーでもずっと外にいたら真っ赤になりますよ!肌が弱い人は薄手の長袖又はパーカー(脱いだりできるから便利)が必要。日焼け止めはマストです!

IMG_4132バスに乗ってグレンキャニオン・ダム (Glen Canyon Dam)の真横へ

↓橋の上からの写真

左下に青と白のボートが見えるかな?これに乗ります。

IMG_4147何年か前でうる覚えやけどエレベーターとか乗ったり、この高低差の分歩いた記憶がないから確かこのボート乗り場のすぐ近くまでバスで行った気がする。そこからボート乗り場まで歩いたのは5,10分ぐらい。橋のすぐ下らへんを歩くのでヘルメットをかぶります。上から何か落ちてきたらまーーじで危ないからね。

↓写真右下に赤と青のヘルメット入れ。使い終わったものを入れる用。

CIMG2539みんなの手に持っている透明の袋はスーパーの袋。テロ攻撃から国土を守る 国土安全保障政策のため、かばんを持っていくことはできない。中が透けて見えるものに入れないといけない。私もガソスタで買った時にもらったスーバーの袋に入れました。持っていける物も最低限の貴重品、携帯、カメラ、軽食、飲み物ぐらいしか持って行けません。

例えば 写真を撮ってきゃあきゃあ はしゃいだり、ふざけたりしてて注意されても辞めない場合は怪しまれて返されるかもしれません。責任のある行動をして下さい。

CIMG2541ボート乗り場に繋がる緩やかな道分かるかな?橋の下を歩く

CIMG2546ボートに乗り込んで最初にダムや橋の説明

エコーで響くのでみんなでダムに向かって声を合わせて叫んだら出発!

CIMG2547ダムの先には人口の湖が広がってる。

IMG_4152ダムを背中に向けてコロラド川を南下します。

左右に高い絶壁でボートは南に向いてるから朝の早い時間は日陰になります。日陰だと綺麗な写真は撮れない。

CIMG2544

釣りをしてる人がいました。

CIMG2552ボートにはガイド?というか、ボートのエンジンや舵を取る人がいて、最初にみんなで自己紹介をして、色んなお話しをしてくれます。アジア人1人参戦は目立ちますが、アメリカ人はみんなすごく優しい。

CIMG2580そうこうしてる間に日が照ってきた!太陽の光が入るとコロラド川はすごくきれい。

CIMG2554太陽の光とカメラがばっちりあったらすごく綺麗な写真が撮れます

CIMG2577激流ではなく穏やかな波に揺られ、景色を楽しめる。自分たちで漕ぐこともなくエンジンで進むから子供でもお年寄りでも大丈夫。ただ乗ってるだけだから楽ちん。

CIMG2564南下してるのでお昼頃、進行方向は逆光になります。

そして目の前はようやくホースシューベントへ

CIMG2567”カメラの フラッシュが見えたわ!”という人がいた。この崖っぷちからホースシューベントを見にくるために世界中から人が集まります。

CIMG2568真下からホースシューベントを見上げた時。

CIMG2573そして、ふと思う。

”上から見下ろす方が何倍も景色は綺麗やな”と。

昔、冬にホースシューベントを見に行った時の写真↓

CIMG1080ホホク前進で恐る恐るのぞき込むと

CIMG1079見た事もない絶景がそこにあります。

CIMG1082.

日が照ってくると直射日光がきついので帽子とサングラスもあった方が良い。こんな所で日射病や倒れたりしたら大変だから!

CIMG2575ホースシューベントは上からの方が絶景だけど、やっぱり川の水をまじかで見たりできるのはボート ツアーの特権

CIMG2558途中でボートから降りて、陸地を歩くこともできました。
CIMG2581お花も咲いてたよ
CIMG2582雨季とかで水かさが上がったら行けないんかな?
CIMG2584ここには ちゃんとトイレまであります

CIMG2596絶壁沿いに歩く
CIMG2586こんな所で迷子になりたくないから、みんなにくっついていきます

CIMG2589

10分ちょっとぐらい歩いたら

CIMG2588岩面彫刻があります

CIMG2591昔の人の目には何が映っていたのか。

CIMG2592貴重な彫刻なので触ったりよじ登ったりしないように。トレイルからも外れてはいけない。

CIMG2595

川の水でキンキンに冷えたジュース。川の底に当たりまくって缶はぼっこぼこw

CIMG2593ほんじゃ帰りましょうかね。

CIMG2597ここの水ってグランドキャニオンの谷底やザイオンナローズと同じで真ん中が緑色っぽくて岸の方は透明

CIMG2601ボートは結構大きくて安定感がある。

CIMG260210歳ぐらいの兄弟は、学校が始まる最初の週だったけど学校を休んできたと言ってましたw

CIMG2604先頭で水が かかりそうになった私に ”ねぇ、もっとこっちにくる?”と席をつめながら、声をかけてくれたお子さん。

活発で弟の世話もよく見る優しくてしっかり者のお姉ちゃんでした。ありがとね!

CIMG2606.帰りもヘルメットを被るのをお忘れなく!

CIMG2607ツアーは3時間ぐらいでお昼頃には戻りました。

旅行最終日なのでこの後はロスに帰るけど、ダムの所でちょっと寄り道

橋の上では車で止まってはいけない。IMG_4138道の脇に車を止められるスペースがあります。ここがいっぱいならビジターセンターに止めて歩いていく。

IMG_4150橋を歩いて渡ることもできる。みんなダムの景色を見ながらよそ見してることが多いので歩く時は十分気を付けよう!

IMG_4151橋から物を投げてはいけない。

投げた物で人が死ぬ可能性がある。

IMG_4139橋の鉄格子の間から撮った正面のダム

IMG_4143反対側はさっきのボート乗り場

IMG_4144

ダムに隣接するようにビジターセンター(Carl Hayden Visitor Center)がありました。

IMG_4156時間がなくて中に入らなかったけど入る時は、飛行機に乗る時のようなチェックがあるみたいでしかも貴重品しか持っていけない。ダムは国にとって重要な施設。テロ対策で目を見張らせているので不審な行動をしないように。空港の中にいるように行動して下さい。

私は外からちょっとだけ見ました。もちろん柵から出てはいけない。

IMG_4157橋とすぐ横に隣接してるビジターセンター

IMG_4159へー。

ダムの上は車?でもいけるようになってるんだ~ (もちろん関係者のみ。)

夏にはダムの底へ降りて見学できるツアーもある。IMG_4160グレンキャニオン ダムはグランドキャニオンの上流に位置していて、西海岸の水の供給と水力発電を目的として1966年に完成しました。ダムの下流にある レイクミード湖に溜まっていく沈殿物対策の為に建設されました。湖の長さは東京と名古屋ぐらいの大きさで、満水になるまで17年もかかりました。

これによってできたのが、レイクパウエル湖です。人口の貯水池としては全米第二位の規模で、今ではウォーターアクティビティーが人気です。

猿の惑星、スパイダーマン3、ブリトニースピアーズ、日本の女性歌手グループだったスピード、いいちこ焼酎等 映画、ミュージックPV、CMなどたくさんのロケ地として使われています。

IMG_4161ダムはアメリカの重要施設なので、セキュリティーもしっかりしています。私が止めた駐車場は入口がゲートになっていました。お金は払わなかったけど。

IMG_4164帰り道、夏終わりにヒマワリを発見

IMG_4168回りになーんもないフリーウェイ

みんなぶっ飛ばしてる車ばかりの中、頑張って咲いてたヒマワリ

車を止めて写真を撮ってたあたし

こんなんだから全然先に進めやしない

こんなのに時間が使えるから1人旅ってやめられないんよね~

IMG_4169最高。

.˖°˖☆˖°˖.日本ブログ村、ランキングに参加中↓↓ ポチっと応援よろしくお願いします!(/ ^ω^)/.˖°˖.˖°♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

 

 

♡♥♡良かったら、こちらもどうぞ!!♡♥ More Stories from Blogger☆☆

☆ レンタカー会社の比較なら↓こちらがおススメ‼^^ ☆

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *